就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン

就学前の子どもがいるママの為のWEBマガジン[teniteo]

 幼児期にできるだけ貯金をしよう!将来必要な金額と貯め方について

幼児期にできるだけ貯金をしよう!将来必要な金額と貯め方について

子どものために貯金をしたいと思っていても、いつから貯金をどのくらいの金額ずつ貯めればよいのか悩みますよね。今回は、子育てしていくうちにかかるお金がいくらなのか、子どもが何歳になるまでに貯めるお金の目標、無理のない貯金の始め方などをご紹介します。

子育ての費用を知ってすぐに貯金を始めよう

子育てにかかる費用について

子育てにかかる費用は大きく分けて「養育費」と「教育費」の2つに分かれます。養育費は出産してから大学卒業するまでの22年間で約1,650万円くらいかかるといわれています。

赤ちゃんの頃はおむつやミルク代、おもちゃ、保育園代などがかかり、大きくなるにつれて文房具やお出かけのときの費用など、子どもを育てていると何かとお金がかかってきます。

教育費は子どもの選ぶ進路によって費用が大きく変わります。たとえば、幼稚園から大学まですべて私立に通うと約2,500万円くらいの費用がかかるといわれていて、すべて公立を選んだとしても約1,000万円くらいの費用がかかります。養育費と教育費を合わせると、家を1軒建てられるほどの高額な費用が子ども1人でもかかることが分かります。

友人Aさんは出産してから専業主婦をしていますが、子どもが小学生になる頃にはパートをしようと考えているそうです。子育てにかかる費用を先輩ママに聞くと、とても不安になるそうです。

自分がパートをした分を毎月すべて貯金できれば、大学進学にかかるお金の不安も減ると話してくれました。

入園前は一番のため時

大学卒業までにかかる養育費や教育費のことを考えると、なるべく早くから貯金していく必要がありますよね。子どもがいる家庭での貯金は、幼稚園に入園するまでが一番お金を貯めやすい時期といわれています。

幼稚園に入園するまでは教育費がかからないので、その分貯金を毎月多めにすることが重要です。幼稚園に入ると公立の場合は毎月2万円くらい、私立だと4万円くらいの費用がかかります。ほかにも、行事のたびにお金が必要になったり、給食費やバス通園にお金がかかったりと、何かと出費が増えてしまいます。

子どもの将来の学費や様々な費用のためにも、幼稚園入園までにできる限り節約し貯金をなるべく多くしておくと、少し心に余裕ができるかもしれませんね。子どもが幼稚園入園の3歳になるまでに毎月3万円貯金できると、入園までに100万円以上貯金することができます。

「まずは入園までに100万円しっかり貯金する」などと、目標をたてながら貯金をすることは大切です。小さい頃は食費やお出かけの際の出費などを節約することもできるので、上手に節約しながら貯金をしていくことをおすすめします。

いつまでにいくら貯めたらいいの?

最大の目標は大学費用

中学や高校に進学するときにもお金はかかりますが、大学費用はそれより大きなお金がかかることが多いです。大学も中学や高校と同じで、私立のほうが費用は高くなります。私立の大学に通うと学費だけではなく、施設整備費というお金が追加でかかってしまいます。

公立の大学は1年間の学費が75万円くらいなのに対し、私立の場合は1年間に130万円くらいと、ほぼ倍のお金が必要になります。また、大学院に進学したり、大学受験に失敗すれば浪人したり、勉強を怠れば留年になったりと、これ以上にお金がかかる可能性もあります。

ほかにも、大学の場所によれば1人暮らしをする可能性もあります。様々なケースを想像しながら、子どもの小さい頃から大学進学に向けて少しずつ貯金するとよいでしょう。

月々の貯金額について

「大学進学に向けて貯金を始めたいけど、月々に一体いくらぐらい貯金すればよいのか?」と、悩む方は多いですよね。子どもが小さいと大学にかかる費用などがイメージしにくいと感じる方もいます。

子どもにとって必要な教育費は、それぞれの家庭によって違うといわれています。たとえば、「幼稚園から大学までをすべて私立に通わせたい」という家庭と「幼稚園から高校までは公立に通わせて、大学は子どもに任せる」という家庭では、必要になる教育費が大きく違いますよね。

パパやママが、子どもにどのような教育を受けさせたいかによって目標とする貯金額が違うので、子どもの小さいときから夫婦で相談し、目標に合わせて毎月貯金していくことをおすすめします。

みんなはいくらくらい貯金してる?

「子どもの進路によって必要なお金が違うのは分かるけど、みんなはいくらくらい貯金しているのだろう」と、ほかの家庭の貯金額が気になる方も多いですよね。

今回は、20~40代の子育て世代の毎月の貯金額をアンケートし、まとめてみました。アンケート結果では、教育費として毎月1万円~1万5,000円貯金している家庭が多いことが分かりました。このうち、学資保険を別に入っている家庭と入っていない家庭があることが分かり、学資保険に入っていない家庭では、毎月5万円以上貯金している家庭もあります。

友人Bさんは子どもを出産してから、教育費として毎月1万5,000円貯金しているそうです。少しずつでも毎月貯金することで、子どもの大学費用にあてたいそうですよ。

無理なく貯金をする方法について

貯金にまわしやすい児童手当

28 件

関連記事

この記事のキーワード

ピックアップ記事



  • テニ-とテーオ
  • teniteoBRAND